株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

医師の開業

医院やクリニックを開業するときの物件の選び方

医院やクリニックを開業するときの物件の選び方

医院やクリニックを開業する際にもっとも大切なのが、物件選びです。どんなに優秀な医師であっても、開業する場所が悪ければうまく集患できずに、経営が立ち行かなくなってしまうリスクがあるわけですから、どこを選ぶのかということは重要になります。では、目的に応じた最適な物件を見つけるにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは、物件の種類とそれぞれのメリット・デメリットに触れながら、選び方のポイントを詳しくご紹介していきます。

医院やクリニックを開業する場合、どんな物件がある?

医院やクリニックを開業する際の物件は、大きく分けて以下の3つです。それぞれの特徴やメリット、デメリットを詳しく見ていきましょう。

テナント物件

テナント物件というのはビルの一画を賃貸契約のもとで貸し出している物件のことで、いわゆる貸店舗のことを意味します。ひと口でテナント物件といっても、複数の異なる業種が入居している「商業ビル」や、診療科が異なる複数のクリニックや調剤薬局が入居している「医療ビル」などその種類はさまざまです。テナント物件で開業するメリットとしては、一戸建てを建設して開業するよりも開業費用を大きく抑えることができる点です。また、テナント物件の多くは駅周辺や交通の便がよい幹線道路沿いに多く、集患に有利というメリットもあります。
一方、商業ビルの場合には、同じフロアや上下階にどのような業種が入居しているのかによって、クリニックの雰囲気や患者数にも影響するというのがデメリットのひとつでしょう。

居抜き物件

居抜き物件というのは、以前入居していた医療機関の内装や造作、設備などが残った状態の物件のことです。待合室、受付、診察室などに必要な造作家具などが備わっているため、ゼロから内装工事をするよりも初期投資費用を抑えて開業までの期間を短縮できるのが最大のメリットでしょう。ただし、物件によっては設備の老朽化に伴い高額な修繕費が必要になることもあるので注意してください。
また、以前入っていたクリニックが閉院した理由などによっては、悪いイメージを引き継いでしまうリスクもあるというデメリットも理解しておきましょう。

商業施設物件

ショッピングセンターなどの商業施設の一画を医療機関へ賃貸している物件のことで、郊外の商業施設では大型無料駐車場が併設されているのが特徴です。商業施設で医院やクリニックを開業するメリットは、なんといってもその集客力です。買い物に訪れる人たちの目に留まりやすく宣伝効果が期待できるだけでなく、待ち時間に買い物ができるという患者側のメリットもあります。ただし、開業するクリニックの種類によってはプライバシーなどの面から人通りが多いことがネックになってしまうこともあります。また、商業施設自体に工事規定などの制約やルールがあるため融通が利きにくいこともあり注意が必要です。

医院やクリニック開業をする際の物件の選び方

では、実際に医院やクリニックを開業する場合の物件選びでは、どのような点に気をつければよいのでしょうか。物件というのは一度決めると簡単に移転することができませんので、必ず十分な事前調査を行うことが大切です。

第一に立地を優先する

最寄り駅からの距離、公共機関の利便性、駐車場の有無など、患者の立場になって通いやすい立地であるかどうかを検討してみましょう。

間取りや設備の搬入経路を確保できている物件を探す

物件によっては診療に必要な大型の医療機器を搬入する経路がないところもあります。間取りの広さや搬入経路の有無などは事前に必ずチェックが必要です。

物件選びは開業を成功させる第一歩です。上記でご紹介した内容を参考にして、複数の候補物件を比較しながら最適な物件を選んでいきましょう。

トラメディコの医院開業支援サービスについてはこちら