株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

医師の開業

医療モールでクリニックを開業するメリットとデメリット

医療モールでクリニックを開業するメリットとデメリット

クリニックを開業する際、集患のカギとなる要素のひとつに「開業場所をどこにするか」という問題があります。テナントビルや戸建などさまざまな選択肢がありますが、その中でも近年注目されているのが「医療モール」での開業です。
そこで今回は、医療モールの特徴と、医療モールでクリニックを開業するメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

医療モールとは?

「医療モール」というのは、同じ建物やエリアの中に内科、外科、耳鼻咽喉科、整形外科など、さまざまな診療科目の医師が開業し入居している施設のことを指します。

一口に医療モールと言っても、形態によっていくつかのタイプがあります。

ビルに入居しているテナントのほとんどが、クリニックや調剤薬局などの医療施設のみで構成されているタイプや、商業施設の中に、「医療スペース」として複数のクリニックが集まる場所を設けているタイプ、大きい敷地内に戸建てのクリニックが複数建っているタイプなどがあります。

医療モールでクリニックを開業するメリット

医療モールでのクリニック開業には、どのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

地域の人に高い認知を得られる

医療モールのオープンというのは、その周辺地域にとって大変インパクトのある出来事で、個人でクリニックを開業するよりも広告効果や集患力が高まります。また、専門の異なるクリニックが一箇所に集まることで、患者側の利便性も良くなるため、集患につながりやすくなるのもメリットのひとつだと言えるでしょう。

開業、運営コストを抑えられる

一般的なテナントビルや戸建で開業をしようと思うと、医療施設用の内装に工事しなくてはいけないため費用も時間も大きく膨らみます。医療モールは最初から医療施設が入居することを前提としているため、コストを抑える可能性があります。さらに、駐車場も他クリニックと共用できますし、広告などを出す場合も複数のクリニックで費用負担するということも可能です。

他のクリニックとの相乗効果

医療モールに入居しているクリニック同士が連携して診療に当たれるというのも大きなメリットのひとつです。自分のクリニックに来院した患者さんに専門外の疾患が見つかった場合でも、医療モール内で専門のクリニックを紹介するということもできます。また、同じ開業医として相談し合えるというのも心強いはずです。

医療モールでクリニックを開業するデメリット

では反対に、医療モールでのクリニック開業にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

患者さんの取り合いが発生する

入居しているクリニック同士で診療科目が近い場合には、患者さんの取り合いが発生してしまう場合もあります。例えば、人間ドックやインフルエンザの予防接種などは、内科でも外科でも行っている場合がありますし、風邪を引いた場合には、内科に行く人もいれば耳鼻咽喉科に行く人もいるでしょう。複数のクリニックが入居する場合には、診療範囲の調整が必要な場合もあります。

風評被害を受けやすい

例えば同じ医療モールに入居している他のクリニックの評判が悪くなってしまった場合、医療モール全体のイメージダウンに繋がるという恐れがあり、自身が開業するクリニックの患者数に影響してしまう危険性もあります。

医療モールで開業をする場合には上記の内容を参考にして、そのメリットとデメリットを事前に把握した上で決めていきましょう。