株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

医師の開業

開業すれば収入は変わる? 開業医の収入の目安

開業すれば収入は変わる? 開業医の収入の目安

ひと口で医師といっても、大学病院や総合病院などに勤める勤務医と、自分のクリニックを経営している開業医とでは働き方をはじめ、多くの違いがあります。その中でも特に変わってくるのが「収入面」です。クリニックの経営や自分自身の生活にも直結する大変重要な部分ですので、開業医になることを検討している場合には、開業することで収入面がどのように変化するのかをきちんと把握しておくことが大切でしょう。

勤務医の平均収入、年収とは?

勤務医というのは、病院や診療所などの医療施設で雇われている医師のことで、収入は「給与収入」になります。働いている医療施設の規模や診療科、臨床経験数によっても収入差はありますが、2015年に厚生労働省が行った「賃金構造基本統計調査」によると、勤務医の平均年収は約1,098万円でした。年齢別にみると、20代後半は約700万円、30代前半が約800万円で、30代後半になってようやく1,000万円に届きます。そして、40代になると経験を積んだ医師として役職に就く立場になるため、年収も1,500万円前後まで増えるケースもあります。
また、同じ勤務医でも働いている医療施設が国立病院、大学病院、民間病院かによっても収入差があって、大学病院と比べると民間病院のほうが年収は高く、国立病院は大学病院を下回ることもあるようです。

開業医の平均収入、年収とは?

開業医というのは自分でクリニックや医院を経営している医師のことで、収入は給与収入ではなく、収入からクリニック運営にかかる経費と事業借り入れの返済分を差し引いた「事業収入」となります。診療科や病院の規模、法人か個人かによっても差はありますが、2014年に厚生労働省が行った「医療経済実態調査」によると、開業医の年収は平均で約2,914万円だということです。

勤務医と開業医の収入の差はどれくらいある?

厚生労働省の調査によると、開業医は勤務医の約1.7倍の収入があることが明らかになっています。ただし、勤務医は就業規則で勤務時間が決められていますが、開業医は医師としての役割だけでなく経営者としての役割も同時に担うため、診察後にそれ以外の雑務で時間が取られてしまうことも少なくありません。万が一経営がうまく行かない場合にはたとえ医師としての腕が優秀であっても、廃業のリスクも負うことになります。設備や検査機器に投資をすればその分の返済もしなくてはいけないわけですから、場合によっては開業医のほうが勤務医よりも収入が低くなってしまう可能性もあるのです。

開業医になることにはさまざまなメリットがありますが、その一方で経営者としてさまざまな面で力を発揮することが求められます。開業医は勤務医よりも稼げるというのが一般的なイメージですが、場合によっては勤務医よりも収入が低くなってしまうケースもあるのです。そのことを念頭に置いた上で開業を検討していきましょう。

トラメディコの医院開業支援サービスについてはこちら