株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

医師の転職

産業医として転職をするときの転職活動のコツや注意点

産業医として転職をするときの転職活動のコツや注意点

転職を考える医師に人気の高い「産業医」。産業医への転職は、高倍率を勝ち抜く覚悟が必要です。産業医になるにはどんな資格が必要か、身につけておくと有利なスキルにはどんなものがあるか? 産業医になるための転職活動のコツをご紹介します。

産業医とは?

産業医とは、企業において労働者の健康管理や衛生教育、作業環境への助言などを行う医師のことをいいます。産業医には専属として企業に属して働く「専属産業医」と、企業と契約して職場の巡視や相談を行う「嘱託産業医」があります。

労働安全衛生規則により、常時50人以上の労働者を使用する事業場(企業)は産業医を置くことが義務付けられています。置くべき産業医の人数は企業の規模によって異なります。

産業医の必要数

  1. 50人以上3,000人以下の事業場 1名以上
  2. 3,001人以上の事業場 2名以上

この他常時1,000人以上の労働者を使用する企業、危険を伴う業務や苛烈な作業環境に常時500人以上の労働者を使用する企業は、事業場に専属産業医を置かなければなりません。

産業医を必要とするのは労働者数の多い大企業が多く、職場として安定感があります。「専属産業医」は給料も高めで医師の平均年収を上回ることも珍しくありません。「嘱託産業医」は1回数万円程度の報酬ですが、他の診療業務とかけもちできる自由度があります。

産業医の主な仕事内容

専属産業医を置く企業の場合、企業内クリニックで外来診療を行うこともありますが、一般的には、健康診断、面接指導等の実施、診断や面接で問題のあった労働者の健康を保持するための措置、健康な職場環境の維持と提言、職場の衛生教育、労働者の傷病の原因調査や再発防止などが産業医の主な仕事内容となります。

産業医として転職をする場合の転職活動のコツや注意点

産業医になるためには医師免許の他に、労働安全衛生法で定められた以下の案件のいずれかをみたして、産業医資格を取得する必要があります。

  • 「日本医師会」もしくは「産業医科大学」が行う産業医学基礎研修を修了する。
  • 「産業医科大」その他の大学で産業医の養成課程をおさめる。
  • 労働衛生コンサルタント試験に試験区分「保険衛生」で合格する。
  • 大学で労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授、常勤講師であるかまたは経験者である。

産業医資格を取得したら、以下のようなポイントに注意して転職活動を進めるようにしましょう

現在の職場を辞めずに転職先を探す

産業医は人気なので求人自体が少なく、あっても高倍率ですぐに決まってしまいます。とりわけ専属産業医への転職は、かなりハードルが高いのが実状。前職を辞めて転職活動をすると「産業医浪人」になってしまう危険性があります。

給料の支給内容はどうなっているかを確認する

専属産業医を置くのは、かなりの大企業に限られます。一般的には「嘱託産業医」を選任する企業が多数です。嘱託産業医の場合給料は年収制ではなく、週1~2回の職場巡視で一回数万円程度という時給制を取っています。どれくらいの職務内容でいくらの収入かきちんとチェックしましょう。

契約内容を確認する

産業医の場合、契約が1年更新と決まっている場合があります。契約期間、更新の有無は最初に確認しましょう。

転職に有利な資格を取得する

産業医資格の他に産業衛生学会の専門医資格や、労働衛生コンサルタント資格、メンタルヘルスの専門医資格など役立ちそうな資格の取得を考えましょう。

コンサルタントやエージェントを利用する

産業医は人気が高いので、転職コンサルタントやエージェントにしか公開されない求人もあります。こうした転職サポートを利用するのも有効です。

転職先として人気の産業医。産業医として働きたいと思ったら、上記を参照にしっかり準備をして転職活動を始めてください。