株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

医師の転職

なぜ小児科医師に? 小児科の医師のやりがいとは?

なぜ小児科医師に? 小児科の医師のやりがいとは?

「これまでの専門とは異なる分野の知識を身につけたい」、「将来性を考えて」、「理想とする医師像に近づくために」など、医師が「転科」を希望する理由というのは人によってさまざまでが、異なる診療科目への転職というのは医師にとって人生の一大事です。

転科を成功させるためには、まずは転職先の診療科についての具体的な仕事内容や大変さ、魅力などをきちんと理解しておくことが大切でしょう。

今回は、数ある診療科目のなかから「小児科」をピックアップし、そのやりがいについて詳しくご紹介していきます。

小児科の医師の主な仕事内容

小児科の医師の仕事は、一般的に中学生まで(15歳未満)の子どもたちの病気を診療、治療することです。

大人の場合は、疾患のある身体の部位や症状によって担当する診療科が細かく分かれていますが、小児科では基本的にはほぼ全ての病気を診るため、幅広い知識が求められます。

また、病気を診るだけでなく、母親たちの子どもに対する不安や、育児の疑問にも耳を傾け、丁寧にアドバイスをしたり、育児不安を抱える親のサポートをしたりすることも小児科医の大切な仕事のひとつです。

子どもへの痛ましい虐待が急増している近年では、来院した子どもたちの虐待の兆候にいち早く気づいて対応することも重要な役割として求められています。

小児科医師の大変なところ

小児科の医師として働く上で大変なことは、病気についての幅広い知識が求められるという点です。

喘息や麻疹、おたふく風邪など子どもならではの病気も多く、乳幼児の多くは言葉で説明することができないため、症状を見極めるためには、知識、観察力、洞察力が求められます。

また、大人の患者さんと接するときよりも、より細やかな気配りが必要なのも小児科の医師の大変なところでしょう。

例えば、薬の処方は体重によって細かく異なりますし、粉薬と錠剤のどちらが飲みやすいかは子どもによって異なります。
治療方針や投薬について、子どもだけでなく保護者にもきちんと理解してもらわなくてはいけないため、高いコミュニケーション能力が必要です。ひと口に保護者といっても、いろいろなタイプの方がいますので、その対応に苦労することも少なくありません。

小児科の医師のやりがい

小児科は、子どもの病気に関する幅広い知識が求められるなど大変そうと感じるかもしれませんが、つらいことばかりではありません。

小児科の医師は乳幼児の頃から中学生の頃まで一人の患者さんを診察し続けるケースも少なくないため、保護者と一緒に子どもの成長を見守ることができるのです。

また、子どもはとても素直ですので、具合が良くなれば途端に笑顔を見せてくれます。元気になった子どもの笑顔を見ることができるのは、医師にとって何ものにも変えがたい喜びです。その笑顔を守っていくことこそが、小児科の医師にとっての大きなやりがいだと言えるでしょう。

キャリアチェンジとして転職を検討している場合には、上記の内容を参考にして、多くのやりがいがある小児科への転科も視野に入れてみてはいかがでしょうか。