株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

医師の転職

医師が転職をする際の履歴書の書き方のコツ

医師が転職をする際の履歴書の書き方のコツ

キャリアアップやキャリアチェンジなど、医師が転職を決意する理由はさまざまですが、希望する医療機関により良い条件で転職したいと考えている先生は多いはずです。
そのためには、転職の際の必須書類である「履歴書」に自分のスキルや人柄、これまでの経歴をしっかりと記入することが大切です。
ここでは、医師が履歴書を書く際に抑えておくべき、書き方のコツを詳しく解説していきます。

実は医師は履歴書を書く機会が少ないと言われているが本当?

ひと昔前までは、医師というのは医学部を卒業すると、そのまま大学の付属病院に勤務をしたり、医局の先輩に採用を前提とした求人を紹介されるなど、履歴書が不要なケースも少なくありませんでした。

ところが現在は、コンプライアンスを重視する病院も多く、医師を採用する場合には、医師免許はもちろん、履歴書や職務経歴書の提出が求められるようになりました。

特に、希望する医療機関にできるだけ良い条件で転職するためには、履歴書や職務経歴書を活用してこれまでのキャリアやスキルを上手にアピールすることが大切なのです。

医師が転職をする際の履歴書の書き方のコツ

では実際に医師が転職に必要な履歴書を書く場合、どのような点に気をつけたら良いのでしょうか。具体的なポイントを詳しく見ていきましょう。

履歴書は手書きで作成する

医療機関によっては独自のフォーマットを使っているところや、応募フォームからの募集を行っているところもありますが、それ以外の場合には、履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンで作成します。その際、筆記用具は黒のボールペンを使用し、間違った場合には修正ペンは使わずに最初から書き直しをするのがマナーです。 文字は相手の読みやすさを意識した丁寧な字で、誤字脱字に気をつけて書くようにしてください。

勤務した医療機関を漏れがないように記載する

職歴というのはとても重要なアピールポイントになりますので、特に丁寧に書いていきましょう。これまで勤務した医療機関はバイトも含めて、抜けているものがないように全て記載します。

添える写真はスーツ姿で撮影をする

履歴書の写真は、応募者の外見や雰囲気が分かる唯一の要素ですのでスナップ写真やカラーコピーしたものは基本的にNGです。モノクロ、カラーは問いませんが、できればきちんと写真館で撮影したカラーのものを使用することをおすすめします。また、写真は白衣ではなくスーツ姿で撮影しましょう。

資格は正式名称で記入する

専門医などの資格は省略せずに正式名称で記入しましょう。

職務経歴書も作成し、一緒に送付する

医療機関によっては応募書類が履歴書のみのところもありますが、これまでのキャリアをきちんとアピールするためにも、職務経歴書を作成して履歴書と一緒に送付することをおすすめします。

希望する医療機関への転職を成功させるためにも、上記を参考にして自分自身の魅力が伝わる履歴書を書いていきましょう。