株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

お役立ち情報

産婦人科クリニックの開業資金の目安

産婦人科を開業すれば、地元の人に喜んでもらえるはずです。

全国的に産婦人科不足で悩まされていますので、地元の人にも愛されるような産婦人科を開業するようにしていきましょう。

産婦人科クリニックを開業するための資金としては、土地、建物で約3000万円からが目安になります。

出来るだけ来院しやすいような場所に開業した方が、妊婦さんにとっても通いやすくなりますので、来院しやすい場所に建てるようにしなくてはなりません。

開業をする為には、設備も必要になります。

設備は約2000万円からが相場と考えておきましょう。

いい設備を導入できればその分いい仕事につながっていきますので、出来るだけ最新のいい設備を導入するようにした方がいいでしょう。

院内を落ち着いた空間にする為にも、優秀なwebデザイナーを雇うことも考えるといいでしょう。

リラックスして落ち着いた空間にすることが出来れば、待ち時間も快適に過ごすことが出来ます。

つわりで苦しんでいる妊婦さんに少しでもリラックスしてもらうためにも、落ち着ける空間をデザインしてもらうようにしましょう。

内科クリニックの開業

クリニックの開業を考えられているのであれば専門性ではなく、一般内科か総合内科として開業するほうが良いです。

理由は、例えば患者さんが腹痛を起こした場合、それが消化器系から来ているのか、泌尿器系からきているのか、女性であれば婦人科系からきているのか、患者さん自身は判断できません。

専門性に特化してしまうと専門外の疾患は対応しにくく、診察できる疾患が限られてしまいます。

クリニックを経営していくのであれば幅広く対応する必要があるでしょう。

しかし幅広すぎても対応しにくくなるので、どこまで診療できるのかコンセプトを決めなければなりません。

現在は在宅医療が推進されており、様々な理由から家から出られないが、医療を必要とされている患者さんが多くおられます。

在宅診療ができるクリニックはニーズがあると言えるでしょう。

クリニック開業を検討している地域に応じて、在宅診療するのか検討するこも必要です。


患者さんは安心して相談できるかかりつけのクリニックを求めています。

多くの患者さんに受け入れてもらえる内科クリニックを目指しましょう。

医師・看護師転職のタイミング

医師や看護師は比較的転職をしやすい職業ですが、やはり転職をするのであれば、事前に準備をしておく必要があります。

4月が一番採用枠が拡大されるためおすすめではありますが、4月の採用を狙うなら、12月、1月から就職活動を始めなければ遅いので直前になってから行動をするというのでは意味がありません。

あとは、夏の賞与をもらったあとにやめる人が多いので9月も空きが多くねらい目となります。
このようなタイミングを見計らって転職活動をすると良いでしょう。

9月頃を狙うのであれば、5月頃から活動をするということになりますが、こちらは空きが出るかどうか不確定の状態ですから、9月にあっていきなり良い求人が見つかるということもあるので転職を考えている人は情報を逃さないようにしましょう。

タイミングが良ければ直ぐに仕事が見つかるということも多い職業であるため、転職を考えている場合タイミングを計ることはもちろんのこと、求人情報をしっかりと確認しておき良い仕事が無いか常にチェックをしておくことが重要となります。
時期と情報の確認はしっかりしておくことが大切です。

大学病院で働くのに向いてる看護師とは?

大学病院で働くことを希望している看護師もいれば、一般の病院で働きたいと思っている看護師もいます。

その理由は様々ですが、特に大学病院で働くのに向いてる看護師は看護業務に専念したい人や専門性を高めたい人などを挙げることが出来ます。

一般の病院で看護師で働くとなるととても大変ですし、患者さんの世話をするだけで時間が過ぎてしまいます。

また、夜勤をしなければならない場合が殆どなので、看護師として専門性を高めたいと思ってもそのような時間を作るのはとても難しいです。

さらに一般の病院の場合には同じ診療科で働く場合が多いので、多様な診療科の知識を手に入れたいと思っても無理があります。

しかし大学病院ではそれが可能となるので、多様な診療科目の知識を手に入れたい人は、一般の病院よりも大学病院で働いた方が良いです。

一般の病院と大学病院のどちらで働く看護師の方が優秀なのかは一概には言えませんが、このように大学病院で働くのに向いてる看護師を挙げることは可能です。

ですから看護業務に専念したいと思っていて、専門性を高めたいと感じており多様な診療科目の知識を手に入れたいと思っている人は大学病院で働くのが良いでしょう。

大学病院で働きたい看護師が注意すべきポイント

大学病院でスキルアップしたいと考える看護師が多いですが、注意すべきポイントも知っておく必要があるでしょう。


病院の頂点とされる大学病院ですが、点滴や注射なども大学病院なら医師がすることが多いため、患者のお世話のみが仕事になる点は特に注意するべきでしょう。

看護の能力は上がるが、医療補助行為のスキルアップは難しいのが現状であり、知識に対してスキルが追いつかないという現実を招きやすいです。

さらに時間に追われる生活を招きやすく、勉強会や研修会が多いのでプライベートに影響が出ることもあるでしょう。

忙しくなるが、給料は普通の看護師と同じという点も注意が必要であり、頑張った分は給料として評価されたいと考える方には不向きかもしれません。


看護師という仕事を選ばれる方は、安定した給与に魅力を感じている方が多いのです。

不景気に強くてサラリーマンによりも安定的に稼げることもあり、特に女性が安定的に高収入を得られる職業として筆頭に名前が挙げられます。

それゆえに収入が少ないと不満を感じて、給料のよい職場に転職してしまう看護師は少なくありません。

医師が大学病院で働くと?

大学病院で働く医師もいれば一般の病院で働く医師もいますが、それぞれの考えに基づいて、どのような形の病院で働くかを決めることになります。

その中でも研究意欲のある人にとっては、とてもやりがいがある場所になるので、大学病院で働くことを決意する医師も多くいます。

大学病院は設備や研修制度が整っていて、非常に刺激を受ける現場になるのでそこで働くことによって得られるものが沢山あるのです。

そういった理由から、大学病院で働く医師が沢山います。

ただ大学病院で働く場合には多忙で残業が多いことは覚悟しておいたほうがいいです。

しかし忙しくて残業が多くても積極的に色々なことを吸収したい医師にとっては、設備や研修制度が整っている大学病院は非常に魅力的です。

確かに色々と忙しいことは沢山ありますが、それだけ得られることも沢山あるのでやりがいを持って仕事をすることが出来るのです。

向上心を持って医師として沢山の人を救いたいと思っている人にとっては、研究できる設備が充実している大学病院はとても魅力的に移ります。

従って、もっと色々な事を学びたいと思ったら大学病院で働くのが良いでしょう。

転職先選ぶ際のチェックポイント

現在、医療機関で働いているところを辞めたいと思っている場合は、転職先を探すことになります。
転職先を決めるためには、いくつかポイントがありますので、ここでは3つに絞り紹介していきます。

まず、医療機関の運営元がどういう機関・団体かをしっかりと調べることです。

医療機関の運営がきちんと行われているかを知るために、必ず調べておかなければならないことです。
もし運営元が聞きなれないところであった場合は、きちんと調べた方が良いです。

次に職場の雰囲気・人間関係についてです。

これは、実際に働いてみないとわからないところがあります。
しかし、現在は自分の会社の口コミを公表しているサイトがあります。
そういったサイトを見ると、職場の雰囲気・人間関係について、多少は知ることが出来るかもしれません。

最後は給与や労働時間などの細かい労働条件です。
働く上では、最も大切なことだと言えます。

求人募集で書かれている内容と実際に面接の時に聞かされる内容が異なっている場合があるので、給与や労働時間などの細かい労働条件は間違いないようにしなければなりません。

ゆとりのある生活をしたいあなたにおすすめの科は?

病気で苦しんでいる人を助けたい、怪我で辛い症状を訴えている人を助けてあげたいなどの気持ちを持って、医師として働いている人もいるでしょう。

患者の為にできることはしてあげたいという思いで、自分の仕事に誇りを持って働いているはずです。

しかし医師といえども、自分の時間をもちたい人だっているのが正直なところでしょう。

家族がいるのであれば、家族との時間も大切にしたいと思うのは当然ですし、自分のプライベートの時間も欲しいと思うからです。


今が異常な激務でストレスを頻繁に感じるなら転職を考えてみましょう。

転職をするのであれば、今とおなじような勤務の所では意味がありませんので、緊急性の低く、人手が比較的足りている科がおすすめと言えます。

例えば、眼科・耳鼻科・皮膚科などは比較的緊急性が低い科ともいえます。

こういった科に転職をすることによって、時間に余裕が持てるようになりますので、診察の際にもゆっくりと一人一人を見てあげることも出来るでしょう。

プライベートだけではなく、仕事でも充実した仕事をこなせるようになるはずです。

転職じゃなくて転科?

自分が働いている病院の所属しているところでの仕事に、嫌気をさしている人は少なくないかもしれません。

なんとか続けようと思っていても、一度嫌だと思ってしまうと、なかなか考えが変わるのは難しいかもしれません。
しかし、転職で病院を変わるとなると、何かと大変になってしまいます。

これからの医療のためにスキルアップ・キャリアアップを目指したいという気持ちがあれば、転科もひとつの手です。

転科というのは、同じ病院の中で働く部署を変わることを言います。
転科は転職と違い、同じ病院で働くことが出来るので、ある程度は慣れた環境での仕事となります。

ただ、今まで習得してきた知識や技術が通用しなくなってしまい、新しく勉強する必要があるのです。
新しい所属科で働くために勉強するのが苦じゃなければ、転科は良い選択だと言えます。

転科先で人気なのが精神科です。

精神科は比較的医師不足が解消されていて、激務の内科や外科より働きやすいというのがあります。
精神科は、慣れないと大変かもしれませんが、新しい所属科で働くのも一つの方法です。

開業する際に考えなければならないこと

どこかに雇われて働くのもいいですが、自分の思うように働くことは難しくなります。

雇われている場合には、自分の方針があってもその通り行動することはできません。
言われた通りの方針で働かなくてはなりませんので、自分の考えとは違う働き方になってしまう事もあります。

自分がこうしたいという方針で働きたいのであれば、開業をして働くといいでしょう。

開業をする前には様々な事を準備をしてからにしなくてはなりません。

開業する物件や内装、スタッフの採用・配置税金相談、事務手続き、行政手続きなどを全てこなしてからの開業という事になりますので、事前にしなくてはならない事は山のようにあります。

開業をする時には、このように考えなければならないことが多いため、開業支援サービスなどを活用するのもいい選択です。

実績のある開業支援サービスであれば、信頼してお任せすることも出来ますし、相談にも乗ってもらいやすくなるでしょう。

現在の仕事をこなしながら開業をするのは大変ですので、一人で頑張りすぎることなく、開業支援サービスは利用しすることをおすすめします。