株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

お役立ち情報

転職するなら転職サイトへ登録しよう

転職を検討されている方もいるのではないでしょうか。

転職と言うと、現在は転職エージェントやインターネットサイトの転職サイトを利用すれば活動ができます。

普段、仕事をしていて時間がない方におすすめですし、企業で仕事をしていて時間がない方には、個別の面談や相談をしています。

転職するのにお金や時間が掛かると想定しがちですが、お金に関しては企業によりますが相談料・サービス料などのお金を要求することもないので、いいことばかりです。

個々の転職希望者に対して専任のキャリアコンサルタントが面談を行い、希望や適性に応じて最適と思われる病院・法人を紹介してくれるそうです。

転職希望者には個別に面談や相談を行ったり、希望者には面接対策や履歴書、職務経歴書の記載の仕方まで様々な事をフォローいたします。

仮に入りたい病院や法人の所がある場合、情報がない転職希望者には専任のキャリアコンサルタントが、情報交換のお手伝いをします。

現在は誰でも転職できる時代になりました。
転職する前に情報を精査してから活動をする事で、地道に活動ができます。

小児科の求人

近年小児科医師は減少していて、医師を確保できないために十分なサービスを提供できない地域もあるため、小児科の医師は全国の医療機関で不足している人材で問題になっています。

小児科医師の難しさは症状を訴える患者が子供であるという事です。

小児科は、自分ではっきりと病気の様子を伝えられない子供を相手にするため、普通の医師の能力だけでなくコミュニケーション能力なども求められます。

この為、医療知識以外にも子供の状態や保護者から様子を聞き出して推測し、病気を疑うといった経験値も必要です。

重症化しやすいといったリスクもあるので間違いない対処や診断をしないと生命の危機に関わるため、責任は重いですが、やりがいを十分に感じられる科でもあります。

特に子供を相手にするので一筋縄ではいかずにいかに子供の気持ちに添った治療や診察が出来るか、成人の患者とは異なるスキルが求められるでしょう。

その他にも小児科で働く場合、ワクチン接種や乳児検診も行うため、予防接種の知識や乳児から15歳程度までの子供に関わる病気の知識も必須となります。

スポット勤務という働き方知ってますか?

医師の働き方は様々です。

常勤医師として働く方法もありますし、開業をして働く方法もあります。

その他にも、毎日働くのがしんどいと思う人は、医師の日雇い勤務というのもあります。
勤務内容は主に検診・健診・当直(日当直含む)・代診などですので、毎日働く必要はありません。

しかし、スポット勤務だけで食べていくのは不可能。
と考えておきましょう。

日雇い勤務の仕事は、非常勤医師もよく利用しているため、競争率は高いですので、いつでも仕事をゲットできるというものではないと考えなくてはなりません。

時給もかなりいいですので、おすすめではありますが、仕事をもらうことが出来ないのであれば、意味がないでしょう。

日雇い勤務に向いている人は、パート間隔で働きたい女性医師などです。

子育て中で毎日は働けないけど、たまには外に出て働きたいという考えの人であれば、日雇い勤務の仕事を探してみるのもいいかもしれません。

しっかりと稼ぎたい人には向いていない働き方ですので、どの位稼ぎたいのかによって、働き方を決めていくようにした方がいいでしょう。

常勤医師のメリット

医師が雇用形態を自分で選んで働く人がいますが、それでも常勤医師の最大のメリットは安定です。

給与と雇用の安定が保証されている事が一番でしょう。

年俸制での契約である事が多く、契約交渉して条件を良くする事も可能です。
毎日同じ場所で働く事の安心感が得られるので精神的にもゆとりをもって働く事が出来るでしょう。
出世も望めるのでもっとスキルをあげたい、局長になりたいなど、医療機関で上を目指すという人にも向いています。

一方で、実態は24時間拘束されるといっても過言でもないほどの激務という点が常勤医師のデメリットでもあるでしょう。

仕事以外でも急患が出た場合に対応しなければならないといったケースも多く、休みがまともに取れないという医師も多いです。
この事からプライベートが充実できない理由だったり、体力が持たないといった理由で常勤を断念する医師もいます。

常勤医師として多くの現場を経験する事は必要ですが、将来のプランで開業したい目標があるのであれば、ある程度経験を積んだら体力がもたなくなる前に、開業をすることがおすすめでしょう。

非常勤医師のメリット

最近は非常勤医師として働く人も多いです。

非常勤医師にはメリットもデメリットもあるので、しっかり確認してから働くようにしましょう。

非常勤医師の最大のメリットは、勤務時間が決まっていること。
緊急外来などで呼び出されることがないことです。

勤務時間が決まっていると、家事や介護、育児をしながら働いている医師にはとても働きやすいです。

非常勤だと時間をコントロールできるので、毎日の計画が立てやすくなり、家族とのコミュニケーションも取りやすいのもメリットといえます。

常勤だと睡眠も十分取れないことも多いですが、非常勤だと睡眠も十分取れるので、健康的でゆとりのある生活が送れます。

他にも非常勤医師のメリットとしては、仕事内容は、常勤医師と大して変わらないのに、一般的に給料が常勤医師より高いのもメリットといえます。

常勤医師の中には、非常勤と掛け持ちをする人も多いです。

掛け持ちをするメリットは、収入がアップすることや、人脈が広がることです。

掛け持ちをすることで、医師としてのスキルもアップできるのも大きなメリットといえるでしょう。

看護師転職率は?

看護師という職業は、他職と比較しても離職率が高いことで知られています。

日本看護業界の調査によると、約7割の看護師が転職経験ありとされており、全体の平均としては、1人1.8回転職している現状があります。

現状に不満を抱えている場合、現職場で改善を図るよりも転職をしたほうがてっとり早いと考える方が多いのでしょう。


不満以外にも転職理由もあり、人によっては
短期集中でお金を貯めて、辞めた後海外などで遊んで、また転職して働く、
というようなライフスタイルで6回以上転職するような人もいるのが現状です。

若いころに短期集中で働いて、40代からはセミリタイアをしたいと考える方も少なくありません。

日本ではこうしたスタイルを選択する方は少数派ですが、少数ながら確実に存在しています。


医療業界全般に言えるのは、需要に対して供給が追いついていないことです。

看護師は、人手が足りていない状況のため転職がしやすいともいえるでしょう。

他職と比べて選択肢の自由度が高く、条件を細かく設定しても仕事が見つかりやすい傾向があり、30代以降の転職でも大いにチャンスがあります。

産婦人科の求人

近年産婦人科で働く医師の数が年々減っています。
そのため、産婦人科の医師が足りず、求人は多いです。

産婦人科の医師の特徴として挙げられるのは、他の診療科の医師よりも女性の割合が高いことです。
つまり、産婦人科で働いている女性医師が多いので、女性が働きやすい環境が整っているのです。

産婦人科で働いている女性医師の数が多ければ、当然のことながら女性が働きやすい環境を整えなければならなくなります。

そういったこともあって産婦人科の女性医師は他の診療科の女性医師に比べて育児休暇を取りやすい環境にあるのです。

女性医師の数は年々増加していますが、育児休暇を取得するのはなかなか難しいのが現状です。
しかし、産婦人科で働く場合には育児休暇を取得しやすいので、産婦人科で働く女性医師の数が増えるのは当然のことだと言えます。

産婦人科の求人を出している病院を見ても育児休暇をとりやすくしているところが多いのですが、逆にそうしなければ医師が集まらないということも言えます。

ですから、これから産婦人科で働こうと思っている女性医師の方は、育児休暇をとりやすい病院を探してそこに応募をするのが良いです。

面接で志望動機を聞かれたら?

面接で必ず聞かれるのが、志望動機です。

面接を受ける前には、当然志望動機については、ある程度まとめて話せるようにしているとは思いますが、より好印象を持ってもらうためには、自身の医療や看護に対する想いを理由をつけて述べることが大事です。


自身の医療現場での経験は、面接官にとっては、大変重要な判断材料になりますので、具体的な経験を的確に話せるようにしておくとよいでしょう。

さらに、今までの医療現場での経験を、これからの職場でどのように生かしていくかなども話すと、仕事に対する前向きな姿勢が評価されることになります。


また、ホームページ等で見たその医療機関の長所を具体的に述べることは、しっかりと調べて確かな気持ちで面接に臨んでいるという印象をもってもらえるはずです。


志望動機をたずねるのは、単に志願した理由を知りたいためではありません。
志望動機を通して、その人の仕事に対する姿勢、積み重ねてきたキャリア、これからの仕事に対する意欲などをはかるために、聞いているのです。

真摯な態度で、誠実に自分の想いを述べるのが望ましいと思います。

面接時の事前準備でするべきこと

転職の際に必ず通ることになる「面接試験」は、本番と同じくらい事前準備が重要です。
面接を制するものは転職を制する、しっかりと事前準備をして本番の面接に挑めるようにしましょう。


まず、事前準備としてやっておきたいことは、「実務経験の期間と場所を正確に把握しておく」ことです。
以前とは異なる業界に転職する場合は別として、以前と同じような業界に転職する場合は、自分がどれくらいの期間実務経験を積んできたか、そして具体的にどのような場所で実務経験を積んできたのか、面接時にしっかりと答えられるようにしておきましょう。


また、「勤務開始時期とその理由」について考えておくことも大切です。

出来るだけ早めに勤務を開始したいのか、退職の手続きなどの関係で勤務開始を遅らせたいのか、事前にまとめておきましょう。


そして、「面接時によく聞かれる質問に対してはあらかじめ回答を用意しておく」ことも重要です。

面接本番になって慌てることがないよう、面接で定番の質問はあらかじめ回答をまとめておくことをおすすめします。
事前準備をしっかり行い、本番に臨みましょう。

看護師からスキルアップするためには?

看護師として働いているけど、まだまだスキルアップしていきたいと考えるのであれば、どのようにしていけばいいでしょうか。

スキルアップしたいのであれば、専門看護師の資格を持っていると、転職に有利になる場合が多いですので、取得しておきたいものになります。

それ以外にも、介護人口の増加に伴い、ケアマネージャーの資格は有利です。

看護師はとても求められる資格ではありますが、助産師は需要が高いですので、助産師の資格も取得しておくといいでしょう。

いくら看護師が求められている資格とは言っても、雇い主としてはよりスキルの高い看護師を求めているものです。

自分の希望する職場や、待遇をしてくれる病院で働きたいのであれば、自分自身のスキルを上げていかなくてはなりません。

スキルアップをすることによって、どんどん自分の為になるでしょう。

看護師として働いていると毎日忙しく働くようになりますが、時間を見つけて勉強をしていくようにすれば、必ず自分の為になりますので、努力を重ねていくようにし、多くの職場から求められる人材にならなくてはなりません。