株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

お役立ち情報

看護師が転職する理由って?

みなさんの転職を考えた際の主な原因はどのような理由ですか。
一般的に転職の理由として、好待遇を求めて転職する人が多いといえます。

また転職をされた方の中で、好待遇の具体的な条件としては、給与などの金額面が多く上げられますが医療業界で働く看護師は多少一般とは異なり、職場が自身の看護観とうまくマッチしないので病院を移るという方もいらっしゃいます。


看護観というと人それぞれ異なり抽象的であるので看護師の看護観とはなにかを具体的に答えることは難しいですが、医療業界は様々な専門家によるチームとして職場が成り立っているので各々の価値観が異なるのは仕方ありません。


また看護師は学生になる前から自分の理想の看護観をすでにある程度もっているため、経験をつみ年数が経つとスキルアップのために整った環境を求める傾向が強く、求人の数も今現在、看護師が多くの場所で不足しているので一般の職業とは異なり、限られた土地での勤務や条件のみではなく全国各地からの求人があり、選択肢が多いため、給与面が理由での転職より、それぞれの看護観やスキルアップなどが転職の大きな理由になる傾向がある。

ママさん看護師におすすめな職場の条件

可愛い子供がいるママだとしても、働いてお金を稼ぐことは出来ます。

ママさん看護師として働くのであれば、条件のいい職場を探して働くようにしなくてはなりません。

条件として確認しておきたいのが、夜勤の交渉が有利にできる職場です。

まだ子供が小さいのであれば、夜中に目が覚めた時にママがいなければ、不安な気持ちにさせてしまう事になりますので、出来るだけ夜勤の交渉が有利にできる職場の方がいいのです。

しばらく看護師として働いていなかった人が、看護師として働き始めるのであれば、ブランクを解消するための充実した研修制度がある職場を選びたいものです。

人命にも関わる大変な仕事ですので、細かなミスでもしないようにしなくてはなりませんので、研修制度がある職場を選ぶ様にしていく方が安心できます。

同じ職場に育児中の看護師が他にもいて、理解が得やすい環境の所で出来るだけ働くようにしたいものです。

いくら条件が良かったとしても、同僚の理解を得にくいようであれば、休み辛い部分がありますので、育児中の看護師が他にもいて、理解が得やすい職場が働きやすくなります。

転職に不利な看護師って?

数多くの職業の中でも看護師の場合では比較的転職しやすい環境が用意されていますよね。
人手不足とされている業界になることから、求人数が多いことも特徴でしょう。

しかし、看護師であっても転職に不利な方も存在していることが実情です。
代表的な立場としては、転職回数が多すぎる方が該当しています。

3回程度の転職の場合では問われることが少ないものと考えることができますが、あまりに転職回数が多い場合では、同じ職場において継続的に勤務した経験がないものと考えることが一般的なので、不利になってしまうことがあるでしょう。


そのため、できるだけキャリア形成を行っておき、自信を持って仕事に挑むことのできる分野を身に付けておくことで解決することもできますよね。


他にも一定期間を継続して勤務をしていた方であっても、実務経験がほとんどないという方も存在しているでしょう。

このケースでは即戦力として仕事を遂行することが難しいことになるので、転職には不利な看護師として扱われてしまう可能性もあります。

看護師であっても、1つの就業先で一定のキャリアを作って職務経歴を充実させることで上手に転職できるでしょう。

面接時に着用するべき靴って?

面接の時に着用する靴としては、シンプルな黒のパンプスがおすすめです。

ヒールは、4〜5センチくらいが一般的で、どのような身長の人にも似合います。

新しいものでなくてもよいのですが、汚れやくすみを除いて、清潔感を意識することが大事です。


黒のパンプスは、きちんとした服装にはたいてい合います。
スカートのスーツでもパンツスーツでも違和感はありません。

また、洋服の色がなんであれ(面接では、落ち着いた色のスーツが望ましいのですが)、黒のパンプスなら、全体の印象をしっかりと引き締めてくれます。

社会にでると、フォーマルな服装を必要とする場面がいろいろとありますが、黒のパンプスであれば、どのような場面でも失礼にはなりません。


面接では、面接室に入ったときの第一印象が大事になります。
そのときに見られるのが、服装、そして足元です。

いくら立派なスーツを着ていても、足元の靴がスーツに合っていなかったり、汚れていたりしては、あなたの印象は台無しです。

黒のパンプスは、あなたの印象を、文字通り足元から支える大事な役割を担っているのです。

転職の面接でパンツスーツを着用する際の注意点

転職の面接で、バリバリ仕事ができる印象を与えたい時はやはりスカートよりパンツスーツの方が向いているでしょう。
デザインはシンプルで清潔感のあるものを選び、カラーは黒や紺、グレーが一般的です。
リクルートっぽくならず、かといって派手に見えてもいけません。

パンツの太さが自分に合ったものを選択するのが難しいのですが、お尻から太もものラインが強調されすぎないようにすることは重要です。
パンツの丈は靴のヒールの付け根より数ミリ下に裾がくる程度が望ましいでしょう。
靴は間違ってもピンヒールやオープントゥを選ばないこと、シンプルな黒のパンプスでヒールは5センチ程度が良いでしょう。

また、インナーをタックインする時はベルトを着用することが望ましいです。
ベルトの色は靴の色と合わせます。
インナーはカジュアル過ぎないようにし色は白か淡色のシャツかカットソーで、下着が透けて見えないよう対策することが大切です。

面接ですからお辞儀をする機会もあります。
その際に顔にかかったりかきあげるしぐさは、あまり好ましいものではありません。
低い位置でポニーテールにするなど、清潔感がありスッキリとしたヘアスタイルを心がけましょう。

転職の面接でスカートを着用する際の注意点

ごく短い時間の中で選考が行われる面接では第一印象が重要です。

正社員募集の求人ではなくてもスーツやジャケットを着用することが望ましいです。

アルバイトや非正規社員の面接には、シャツやニットなどの割合カジュアルな服装で受けられる方も多いものです。
そこで、あえてスーツで訪れることで、他の方より面接に対する真剣さを表すことができるのです。

ジャケットにスカートで面接を受ける際は、シンプルなデザインのものがおすすめです。

オフィスカジュアルな服装で臨む場合も、誠実な印象を採用担当者の方に与えるために、シンプルなデザインのものがおすすめであることには変わりはありません。

そして、注意したいのは座った時のスカート丈が短すぎないようにすることです。
面接中にスカートの丈を伸ばすしぐさをしてしまうのは好ましくありません。
かっちりとした服装をしていても意外と忘れやすいポイントなので気をつけましょう。

また、フレアスカートは避けたほうが無難です。

ファッション性が高くても、丈が短すぎるもの、長すぎるものは面接の場に避けた方がよいでしょう。

転職の面接でスカートを着用する時のポイント

季節は春になり、転職を考えている女性も多いと思います。
面接の日程が決まったら、早めに着ていく服を用意しておきたいものです。

よい印象を与える服装に悩んだ結果、スーツにしようと考えることも多いと思います。
スーツはきちんとした印象になってよいのですが、スカート丈には気を使う必要があります。

スカートは膝が隠れるくらいの丈にすると、華やかな女性らしい印象を与えることができるはずです。

久しぶりに引っ張り出したスーツのスカート丈が思いのほか短かった、ということもよくあります。

必ず着用して確かめておきたいですね。


スカートとあわせて、ストッキングも忘れずに用意しておく必要があります。
ストッキングの色はベージュが一般的です。

肌の色に近いので、自然で落ち着いた印象になるはずです。

当日慌てて破いてしまうということもあるので、予備をいくつか用意しておくと安心です。

面接には心に余裕をもって臨みたいですね。
そのためにも、女性らしいきちんとした印象を与えられる服装を知り、自分ならではのよさを最大限に伝えるための心がけが大切になるのです。

転職の面接時の服装って?

転職活動において、書類選考を通過し、念願の面接試験にたどり着いたものの、どのような服装をして行けばいいのか悩んでしまうこともあります。

中途採用者の面接の場合、新卒の就職活動と違い、黒のスーツでなくても良いとされています。
男性も女性も同じです。

20代の若い方の場合、真っ黒のリクルートスーツだと若々しく頼りなく見えてしまうこともあるので、大人っぽいデザインスーツを選ぶ方がいい場合もあります。


面接の際の服装として気を付けるべきことは、スーツはオーソドックスな色を選択することと、清潔感を意識した着こなしをすることです。

スーツの色で男女共通してオーソドックスなのは、黒のストライプ、グレー、濃紺です。

女性の場合は、ベージュやアイボリーでもいいでしょう。

清潔感を出すためには、ジャケットのインナーに白など明るい色を選ぶことや、安くても汚れがなく手入れされた靴を履くこと、スーツに合ったかばんを持って行くことが大事です。


女性のインナーは、襟付きシャツに限らず、きれいめのカットソーやブラウスでも構いません。

せっかくのスーツも靴やかばんがラフすぎると台無しになってしまうので、合わせるアイテムは重要です。

MR営業のコツ

MR営業のコツは3つあります。

一つはいろいろな病院に足を運んで、そこで医師や病院のスタッフと信頼関係を構築していくことです。

信頼関係ということが大切で、MR自身の営業を押し付けるのではなく、病院で働く人たちの声によく耳を傾けて、現場では何が必要とされているか理解するようにします。

話しをよく聞くということが特に重要で、人間は自分の話に耳を傾けてくれる人には好感を持ちます。

その好感を積み重ねることで信頼関係が出来上がっていきます。

二つ目のコツは、自分の言葉の使い方に注意を払うことです。

MRの仕事は言葉を使ってするものです。

的外れだったり、分かりにくい言葉を使っていたら、自分の言いたいことは伝わりません。

明快で具体的な言葉を使うのが良い方法です。

数字を使って話すようにすれば、説得力のある話になります。

例えばある新薬を使った場合の患者さんの改善率を具体的な数字で示せば、それを聞く人はその薬の効き目を実感できます。

三つ目のコツは、どんな小さな人間関係でも大切にすることです。

仕事をしているときに知り合うようになった人との縁を大切にすれば、将来役立つこともありますよ。

調剤薬局とドラッグストアの年収

薬剤師でもその働くところでは年収に差があります。

代表的な比較として調剤薬局とドラッグストアで、前者が35歳で425万円、後者で530万円と差は出ます。

一般的には調剤薬局の方が処方せんに基づく薬の調合などがあり、慎重に行う作業ではありますが、その労働時間は9時から18時と定時で残業もほぼなしのパターンが多いのです。

一方で、ドラッグストアではシフトの勤務によっては、変則で昼から夜10時までで翌日は9時から18時などの勤務のパターンもあります。

勤務形態が不規則で薬業以外の業務、レジ打ち、品出し、商品の整理といった販売員のような業務もあるのです。

また大手のドラッグストアチェーンでは調剤薬局も併設していることがよくあり、シフトの合間に調剤の方をアシストすることもあります。

労働の密度から考えるとドラッグストアのほうが給与が高いとは一概に言えないのが事実です。

両者を比較して言えるのは、仕事の融通性で年収を下げるか、あるいは薬剤師の強みを活用しながら販売員のような仕事をこなして高収入を得るかです。

かなりの違いがありますので慎重に選ぶようにしましょうね。