株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

お役立ち情報

キャリアコンサルタントと会う前に考えておきたいこと

近ごろでは、さらなるスキルアップを目指して転職を検討している人が増えてきています。

働きながらの転職活動はなかなか時間が足りないといった方が多いです。

そのような人々の間で圧倒的な注目を集めているのが、転職支援サービスなのです。

専門的な知識やスキル、経験を身につけたキャリアコンサルタントが、親身になって就職を全面的にサポートしてくれますので、安心して転職活動を進められます。

キャリアコンサルタントに会う前に自分で考えておきたいこととしては、希望する勤務地や勤務時間、休日などどうしてもこれだけは譲れない条件を決めておくことです。

転職するにあたってこれだけは叶えたいという点をはっきりと考えておくことによって、後で後悔することなく新たな職場に就職できます。

職場の人間関係の風通しが良いところや、家から近い場所にあるなど条件を絞ってからキャリアコンサルタントに正確に伝えて相談することで、より効率的な仕事探しが実現できます。

このように、信頼できるキャリアコンサルタントが強力にバックアップしてくれる転職支援サービスは、厚い信頼を寄せられているのです。

面接で好印象な笑顔とは

面接で好印象な笑顔とは心からの笑顔です。

引きつったような作り笑い方では逆に印象が悪くなってしまいます。

では何故、面接に心からの笑顔が必要なのでしょうか。

一つ目は面接というのは第一印象が最も大切です。

部屋に入ってきたときに不愛想な印象だと、その後にどんなに良い返答をしても最初の印象がぬぐいきれません。

人は第一印象が頭に残りやすい生き物です。

初めてのタイミングで笑顔ならば面接する側も自然と気持ちが開けます。

もう一つの理由というのは医療現場は患者様と常に接する仕事場です。

患者様は病気を抱え普段よりも不安な気持ちや暗い気持ちでいる人が大勢居ます。

そのような時こそ話しているときの笑顔が最も信頼されます。

人と人が繋がる仕事だからこそなおさら重要です。

面接する側はそのようなことも考えて見ています。

また、意外と忘れがちなのが終わり際です。

最初と最後の印象は同じように重要なので、最後まで気を抜かず不愛想にならないようにしましょう。

このようなことに気をつけて話す内容にも気を配っていれば必ず好印象を残すことができますよ。

看護師として転職するのにベストなタイミングって?

看護師は慢性的な人員不足の職業で、求人は常にある状態です。

しかし、転職するためにはタイミングが問題で、職場の雇用条件に不満がない場合、あまり転職はおすすめできません。

看護師として転職を希望する時は、本人の周りの環境が変化する結婚がベストなタイミングです。

結婚する事で引っ越しをするかもしれない、また、パートナーの職業により家事や家庭の用事を一手に引き受けなくてはならないといったような時です。

結婚すると、正規雇用より時間を短縮したい、パートタイムで働きたいと希望が変化することでしょう。

結婚を決意する時は1か月以上前に転職のことを考えましょう。

時間に余裕があり上司に相談することができるので、ベストなタイミングです。

その他にきっかけになる事には妊娠した、自身の病気などがあります。

妊娠や病気で体調不良の時は仕事の能率も落ち、ミスにつながる原因にもなります。

なにより本人の身体の具合が周囲の人達も心配です。

そんな時もパートタイムの短時間勤務などで転職先の選択が広がります。

看護師はその人が職場にいてこその職業です。

在宅ワークのように自宅の勤務は絶対にできません。

自分の環境にあった仕事を選ぶことが一番ストレスの少ない働き方といえるでしょう。

調剤薬局の薬剤師のやりがいとは

薬剤師が働く場所に調剤薬局での勤務があります。

主に医療機関の近隣に併設されています。

院外処方箋で処方箋を持参してきた患者さんに対して薬を調合して、薬の指導やアドバイスうぃ行ったりするのです。

調剤薬局での薬剤師としてのやりがいは調剤業務に没頭できることです。

他にも、患者さんとの距離が近いので接客要素が魅力となります。

患者さんとコミュニケーションを取って自分の知識を最大限に活用することが可能です。

薬に対する質問や悩みに対して指導やアドバイスできる点は薬剤師にしか出来ない事でしょう。

一方で近隣の医療機関が一つの科しかない場合には似通った処方箋ばかり処理するケースがあり、スキルアップという面では病院薬剤師よりかは感じにくい部分でもあります。

総合病院の近隣の調剤薬局の場合には多くの科の処方箋を目にする事が出来ます。

もし、スキルアップしたいという事であれば総合病院の近くの調剤薬局に勤務する事も一つの手段でしょう。

調剤薬局を選ぶ際には教育面や研修制度など、定期的に勉強会などで知識を積む機会があるかどうかも、やりがいやモチベーションを保つ上でも重要となりますよ。

 面接で好印象な笑顔とは

面接で好印象な笑顔とは心からの笑顔です。

引きつったような作り笑い方では逆に印象が悪くなってしまいます。

では何故、面接に心からの笑顔が必要なのでしょうか。

一つ目は面接というのは第一印象が最も大切です。

部屋に入ってきたときに不愛想な印象だと、その後にどんなに良い返答をしても最初の印象がぬぐいきれません。

人は第一印象が頭に残りやすい生き物です。

初めてのタイミングで笑顔ならば面接する側も自然と気持ちが開けます。

もう一つの理由というのは医療現場は患者様と常に接する仕事場です。

患者様は病気を抱え普段よりも不安な気持ちや暗い気持ちでいる人が大勢居ます。

そのような時こそ話しているときの笑顔が最も信頼されます。

人と人が繋がる仕事だからこそなおさら重要です。

面接する側はそのようなことも考えて見ています。

また、意外と忘れがちなのが終わり際です。

最初と最後の印象は同じように重要なので、最後まで気を抜かず不愛想にならないようにしましょう。

このようなことに気をつけて話す内容にも気を配っていれば必ず好印象を残すことができますよ。

MRへの転職で失敗する原因とは

MRは薬剤などを病院に紹介し販売する、製薬会社の営業職です。

その為、薬剤の知識の他に接客力や交渉力なども必要になる仕事です。

しかし、MRの仕事は基本的には他の仕事とあまり変わるところはありません。

基本的には良い薬品を効果的に利用してもらうためにどのような説明を医師に対して行うべきか、また医師に利用してもらえるような薬品を想定しておくことも大切になります。

MRの仕事に転職して失敗する原因の多くはその仕事に対して熱意が無いということが挙げられます。

薬剤師が転職することも多いのですが薬剤師時代に比べ高い給与が貰える、自由な時間が多いといった期待だけでMRに転職する方もいらっしゃいます。

その仕事内容をよく把握せずに転職をすることにより、実際の仕事内容に嫌悪感を感じてしまうこともあるのです。

MRの仕事は一見自由な時間が多く楽な仕事のように見えるのですが、その裏側では非常に努力をしている人が多いものです。

転職に失敗しないためには、その仕事内容を十分に理解するとともに、仕事に対してやりがいを持てるかどうかを十分考慮してから仕事を選ぶことが失敗しない秘訣ですよ。

MRの給与体系について

医薬情報担当者として医療業界で仕事を行っている職業はMRと呼ばれています。

MRのお仕事は自社で取扱いをしている医薬品に限って情報を提供することになり、主に卸売り会社や医師などを相手として仕事を行っている場面があります。

一方で配置薬の会社の場合では一般家庭に足を運ぶ仕事になり、一般的な製薬会社とは少し異なる業務を担当していることになります。

通常では医薬品に対する価格を決定する権利がないものと判断されていますが、会社によって違いが生じていることも事実でしょう。

MRとして営業を行っている方の給与体系についても会社によって違いがあり、正社員として勤務している方であれば年収は約400万円から1000万円などと大きく差があります。

給与体系の中には月給制や年俸制に分けることもでき、この点においても会社の規定で変わることになります。

一般的には営業職の中でも比較的高い年収を維持している方が多く、MRの資格を有している方であれば、転職することによって年収アップを期待することもできます。

本人の希望に合わせた就業先を見つけることが何よりですね。

耳鼻咽喉科クリニックの開業

医者になり総合病院などでの勤務医を経てついに開業医に。
医師として目指す方が多いルートです。

特に、耳鼻咽喉科はクリニックの定番中の定番。
開業して人々の傍で頑張りたいという方も多いようです。

ただ、いざ開業しても人が全く来なかった、ということになっては目も当てられません。
そうならないためにも、事前準備は様々なものが必要です。

そんな中でもまず大事なのは、大人を対象にしたものか小児を対象にするのか決めることです。

耳鼻咽喉科は小児の病気も多いので、方針をはっきりと決めておくと患者が訪れやすいクリニックとなるでしょう。

これをはっきりすることで立地の選択も明確になりますし、キッズルームなど必要な設備も変わってきます。

また、院内設備としては番号札発券機の導入がおすすめです。

混雑した際の患者の整理はクリニックの命題です。

番号札によってそれが分かりやすくなり、スタッフの負担も減り、患者にも分かりやすいシステムとなりますよね。

さらに、開業前からホームページを作っておくことも大事な要素です。

インターネットはいまや電話以上のインフラです。

患者にわかりやすいホームページをつくることで、訪れる人は格段に違いが出るでしょう。

コントラクトMRとは

コントラクトMRとは、CSO企業に所属して派遣や業務請負として契約先の製薬会社で働くMRのことです。

COSとは製薬企業かあMR活動を受けている企業のことです。

現在は様々なニーズや事情があり製薬メーカーでは希望通りにできないことが多いので、この分野で活躍することを決める人もいます。

異業種である営業職が就業できる良い機会でもあります。

勤務先の製薬メーカーの営業所で、上司の指示に従うのは通常のMRと変わりません。

CSOと契約しているので、給与を含めた雇用条件が製薬メーカーからではなくCSOである点が特徴です。

勤務する製薬メーカーは、2年〜3年で変わります。

職場環境や取り扱う製品が異なるので、数年単位で転職していることに限りなく近いです。

CSOにはプロジェクトマネージャーがいるので、製薬メーカーと合わせて2人の上司がいることになります。

製薬メーカーよりCSOに所属した方がボーナスを含め給与が上がったという人も多いですが、住宅補助はそれほど手厚くないので、自分の希望に合わせて働き方を決めるのが良いですよ。

男性看護師が働きやすい職場って?

男性看護師は、職場の人間関係に悩む人が多いと言われていますが、それは看護師がもともとは女性が中心の職業であること、そして上司も女性の管理職が多いことがあげられるかと思います。
どうしても、女性が中心になるので、感情的な好き嫌いがあるのは、ある種では仕方ないのかもしれません。

そのなかでは、精神科、形成外科などが男性看護師が働きやすい職場であると言われているのは事実です。

なぜかと言えば男性の患者が多く、男性職員も比較的多い職場がおすすめだんせいかんごしに求められる役割も必然的に多くなることがあります。

また、一般の病院では主な看護となる入浴や清拭、排泄の介助などといったジェンダーが関係する場面が少ないため女性の患者にも対応がしやすいのは男性が働きやすい職場であるといわれる所以であるといえるかと思います。

とはいえ、逆にいえば精神疾患の急性期等の病棟ではかなり混乱した状態の患者等も対応することになるため、それなりの精神力が必要なことも事実です。
働きやすさはひとそれぞれですが、まずは自分が求められる職場に勤めることが第一なのでしょう。