株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

お役立ち情報

MRの認定資格とは

MRには認定資格があります。

財団法人医薬情報担当者教育センターという組織が毎年1回、12月に認定試験を行っていて、それに合格することで認定資格となり、認定証をもらう事ができます。

ただし、MRの仕事そのものは資格制ではありません。

つまり、医師免許がないと診察できない、運転免許がないと運転できない、というのとは根本的に異なります。

おおやけには、認定証が無いと仕事をすることが認められないわけではなく、たとえ認定証が無くても仕事をしても良いということにはなっています。

しかし、実際問題としては、ほとんどのMRが認定試験を受け、合格して、認定証を持っています。

それはなぜかと言うと、ほとんどの製薬会社が、自社の全てのMRに受験させ、合格することを社内的な条件としているからです。

新入社員の場合、もし合格しないと、即座に辞めさせられるということにはさすがにならないでしょう。

しかしながら、合格するまでは一人前として認められない、周囲と同じような仕事を任せてもらえない、ということになってしまいます。

転職の場合は言うまでもありません。

ですので、MRの仕事をしようと考える人にとっては、事実上必須の資格と言えますよ。

面接で看護に対する想いを聞かれたら?

看護師の面接に於いては、看護師としての能力もさることながらその人の人柄と看護師として働くことに対しての熱意を知りたいと考える面接官がほとんどです。
その為、面接で看護に対する想いを聞かれた場合には、その思いをしっかりと相手に伝えることが何よりも大切なことになります。

まずは看護師になった理由を簡潔に述べるようにしましょう。
看護師という仕事が自分にとってどのようなものなのかを伝えるためには最も端的な方法です。
また、実際に働くうえでの自分のポリシーを具体的に示すことで、その思いが現在も維持されていることを示すのが相手にとって良い印象を与えます。

看護師という仕事が自分にとってどのような仕事なのかを明確に示すためには、実際の経験をもとに自分の考えを素直に話すことも大切です。
看護師の仕事は患者と向き合う、常に真剣勝負の現場でもあるので、自分の考えをしっかりと持っていて、またその考えをしっかりと相手に伝えることのできる素養を持っている人は知識を沢山持っている看護師よりも現場で即戦力となり得る優秀な看護師と評価されることが多いものです。

調剤薬局で働く薬剤師の仕事

調剤薬局で働く薬剤師の仕事は非常に多岐にわたります。

一番重要なのが、調剤です。

これは、医師から出される処方箋を基にして、薬を調剤していくことです。

調剤とは、その処方箋に書いてある内容通りに、薬を袋詰めしていく作業になります。

単純な作業に思われますが、薬の分量などを間違えると、患者さんの体調にダイレクトに影響するので、とても慎重に間違わないように行う必要があります。

ですので、調剤は責任を伴う大切な仕事と言ってよいでしょう。

また、薬剤師が行う仕事で調剤以外では服薬指導があります。

これは、窓口で、患者さんに対して、どのような時に薬を飲めばよいか、また、どのような薬を飲んだらよいかなどを指導します。

患者さんは薬のことをあまり詳しく知らないので、薬のプロである薬剤師が丁寧に教えてあげる必要があります。

ほかにも、在宅訪問というものもあります。

これは、薬剤師が患者さんの自宅に訪問し、薬を渡すことです。

この時に、飲み残しなどはないかなどをチェックします。

また、薬が体に合っていないようなら、医師に相談するように伝えます。

薬剤師の仕事はとてもやりがいのある仕事ですよ。

薬剤師になるためには?

薬剤師とは薬に関する専門家で、ドラッグストアで薬剤師の指導が必要な医薬品の販売を行ったり、病院で発行された医師の処方せんに基づき薬を調剤する仕事です。
就職氷河期の時代においても薬剤師の就職率は高く、なおかつ初任給も高水準であったため、近年は人気が上昇してきている職業です。

薬剤師になるためには薬剤師養成課程のある薬学部の大学に入学し、大学で6年間かけて薬剤師養成課程を修了する必要があります。
大学では途中、進学時にOSCEやCBTといった試験に合格しなければ進級できません。
その後大学を卒業すると、薬剤師国家試験受験の受験資格を得ることができます。

大学卒業後、国家試験を受験することになり、それに合格し厚生労働省に薬剤師免許の申請を行うと、薬剤師となることができます。
就職先は主に調剤薬局や病院ですが、その他に製薬メーカーや医薬品卸でも薬剤師の資格が必要な仕事があります。

薬学部を6年間かけて卒業する場合、学費は国公立大学の場合には360万円程度で済みますが、私立大学となると1000万円近くかかってしまいますので、事前にある程度の準備が必要となります。

営業未経験の人が自信をつけるためには

MRの営業活動は毎日のスケジュール管理から課題に対して自分で思考錯誤しながら考えて仕事をします。

ただ与えられた仕事をこなすという受身的な仕事ではないため、このような仕事の仕方を楽しめるという心持ちが必要です。

営業の仕事は人と人とのつながりです。

特にMRは医師が落ち着いて話を聞くことの出来る時間帯を把握し、短い時間で医師から話を引き出していくことが第一歩となりますので、きめ細やかな気遣いやマナーが必要になります。

未経験の方はまずは会社の人間関係をしっかり築くことから始めましょう。

そして、先輩から相手に対するアプローチの際の気遣い、マナーを含めより多くの経験談を聞いておくことも大切です。

セミナーに参加するなど医薬品の知識は日々勉強しておくと良いでしょう。

医師に効能や副作用をプレゼンするための引き出しはたくさん持っておくと有利です。

いざという時相手が必要としているものをその場で察し、情報を提供できれば信頼され自信につながりますよ。

まずは医師に顔を覚えてもらい、自信を持って目標達成のための戦略を立てることを楽しんでみてくださいね。

医師の辞め時って?

医師として働いていると、長年通い続けてくれる患者もいるでしょう。
特に開業医などの場合は、何十年と付き合いのある患者さんもいるはずです。
頼りにしてくれる患者さんがいるという事は、医師として嬉しいことではありますが、医師の辞め時というのはいつくらいなのでしょうか。

実は、医師に定年はなく、働こうと思えばいつまでも働けるようになっています。
ですので、自分が体力の限界を感じるまででも働くことは出来るはずです。

しかし、頼られているのがわかっていながらも辞めるとなると悩んでしまう事でしょう。

そんな思いもあり、60歳以上の約半数の医師は、辞め時に悩んでいる状態です。
最近は、研究機関で研究後医師として働き、早期に退職するという医師が多いので、そういった働き方を選ぶことも出来ます。
医師としてどのような働き方をしたいのかは、早い段階で決めるようにしておくといいでしょう。

そうすることで、医師としての使命を全うすることも出来ますので、後悔のない医師生活を送ることが出来るようになります。
体力とも相談しながら決めていく事も必要です。

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事とは

薬剤師が活躍する職場の一つにドラッグストアでの勤務があります。

調剤薬局とは異なり、調剤業務を扱わないので調合の仕事内容を期待する人にはおすすめはできません。

ドラッグストアには市販の医薬品が多くある為、街のかかりつけ医という立場で、お客様に薬に関しての質問や悩みに見合う医薬品を案内するといった役割があります。

ドラッグストアでの勤務の場合は医薬品ばかりの応対だけではなく、その他商品などの販売業務に携わる事も一日の大半を占める事が多いです。

スタッフと混じって品出しやレジ応対もする事も多く、接客業の要素が強い職場とも言えます。

将来性においては店舗責任者に登りつめる事が可能で、店長クラスに昇格すると百万円単位での年収アップが期待できます。

昇給の面で頭打ちが早い薬剤師の中では比較的年収アップが見込めるのはドラッグストア勤務のメリットでもあるでしょう。

ドラッグストアで働く際に求められるスキルは薬剤師知識はもちろん、他の方と一緒に働く協調性でもあります。

場合によっては店舗責任者になった場合にはシフトを組んだり店舗運営に関わる仕事も行うので、店舗経営の仕事もしてみたい人には適しているでしょう。

子育てと看護師を両立するための職場選び

近年、共働きの世帯は増えており保育所は待機児童が多く居るのが現状です。

仕事をしたくてもなかなか、復帰出来ないという子どもを持った女性も多いのでは無いでしょうか。
看護師をされている方でも同じ状況で、看護師不足が叫ばれている現在でも、子どもを預ける保育所があいていないので、復帰が出来ないという声も多く聞かれます。

子育てと看護師を両立する為の大きなポイントは、託児所完備の勤務先を選ぶという事です。
職場に保育所があれば、通勤時に子どもを保育所に預けられるため、通園のストレスを大きく緩和出来ます。

また、急なシフト変更ができるように、十分な数の看護師を確保している職場を選ぶ事が大切です。
どうしても、感染症が流行る時期や、保育所に通いはじめの時期は免疫が出来るまでに時間がかかり、突然の病気になってしまう可能性があります。
その時も、看護師の人数に余裕があれば、早退をしたり勤務変更をお願いする事も可能です。

また、自分と同じく、子育て中の同僚がいる職場を選ぶと、同じ悩みを共有出来たり励まし合ったり、また周囲の理解を得やすいので心強いですよ。

転職を考える看護師のための面接対策

看護師の方で転職をお考えの方は、転職活動を始める前にいつでも面接に対応できるような準備をしておくことをおすすめします。

これは看護師という職業だけに限りませんが、転職活動を開始するとなったときに慌ててしまうことがないように、履歴書や面接で話すことの準備が大切です。

履歴書の書き方にはルールがありますので、予め下調べし、社会人として恥ずかしくないような丁寧な文字や言葉遣いで書きましょう。

実際に面接の日程が決まったときにすぐに対応できるように、経験など面接で問われそうなことにはあらかじめ解答をようしなどにメモしておいても良いでしょう。
メモを書いたノートなどを持って面接にのぞむことは、相手の話を聞きながらメモを取る姿勢は好感が持てますので、問題ありません。

面接時は悪い印象を抱かれないように、服装や身だしなみには特に注意を払う必要がありますが、ひと昔前のように髪の毛の色は絶対に黒ではなくてはいけないなどというルールはありません。
しかし、特に清潔感を問われる看護師だからこそ、人に不快感を与えないような身だしなみを心がけたいものですね。

MRはどういう営業をするの?

MRは薬の営業マン、という見方も昔はあったようです。

現在でも、他業種の営業活動と重なる部分ももちろんあります。

しかし、そうではない部分もかなりありますので、今回はその点を説明します。

まず、MRとは医薬情報担当者という意味です。

そもそも、他業種の営業担当者と異なり、MRという用語が使われているということだけを取ってみても、何か大きな違いがあるのだろうと想像がつきます。

基本的には、病気に対して医薬品が適正に用いられるように、医師、薬剤師などと必要な情報交換をする担当者、ということになります。

ここでいう情報とは、薬の品質、有効性、安全性に関わる情報のことです。

会社から医師にそのような情報を提供したり、逆に医師から患者さんに起こった副作用の情報を収集したりします。

そのためMRには、自社製品に関する知識はもちろんのこと、競合他社の製品情報、対象となる病気について医師と情報交換できるだけの知識などが必要とされます。

一方で、いわゆる価格交渉は行いません。

販売促進も、自社製品の情報提供の一環としては行われますが、それがメインとなることはありませんよ。