株式会社トラメディコ

東京・神奈川で医師、看護師、薬剤師の求人・メディカル業界での転職ならトラメディコ

個人情報保護について

お役立ち情報

透析看護師の相棒、臨床工学技士とは

透析看護師の相棒として欠かせない存在の臨床工学技士ですが、仕事内容としては医療機器のスペシャリストと称されています。
医師からの指示を受けて、水質管理や危機管理といった生命維持管理装置の操作をしたり点検を行ったりします。



臨床現場として最新医療機器を用いた業務が発展していく中で、専門的に役割を担う臨床工学技士はチーム医療に欠かせない存在になっています。


血液浄化療法・手術室・集中治療室での業務、呼吸療法・高気圧酸素療法といった新しい分野を熟していかなければいけない時もあります。


総合病院と透析クリニック、筋・神経疾患専門、循環器専門の病院といったように勤務先によって、仕事の内容が異なります。


臨床工学技士が扱う医療機器は、人工心肺装置や人工透析装置、人工呼吸器といったように患者に使用するものが多いです。


臨床業務をメインとした仕事になりますが、操作ミスや管理ミスといったことが許されない環境になるため、責任を持って仕事を行える人が向いています。


透析看護師と力を合わせて、多くに人を救えるように臨床工学技士の資格が注目されています。